医療の仕組みを知ろう.jpg

国の医療政策

13-11future61-inside.jpg

2025年に向けて大きく変化する医療政策

 団塊の世代が75歳以上となり、高齢者人口のピークを迎える2025年に向かって、国は医療政策を大きく変化させようとしています。入院治療や在宅療養を必要とする高齢者の急増に対応するために、地域において医療と介護のネットワークを構築し、高齢者を地域で支える仕組みをつくるという方向性を打ち出しています。
 その仕組みのなかで、医療機関の体制も変化します。上図のように、高度急性期病院、一般急性期病院、亜急性期病院、回復期リハビリテーション病院、療養型病院、診療所がそれぞれの役割を明確に分担。地域のさまざまな医療機関が互いに連携し、一つの病院のように機能することで、より適切で効率的な医療を提供していこうとしています。

高度急性期病院の使命と役割とは

 大きく変化する医療政策のなかで、名古屋第二赤十字病院は高度急性期医療を担います。高度急性期病院は、発症後間もない重症な患者さんや生命に関わる重篤な患者さんに、高度で専門的な医療を集中的に提供する病院です。具体的な診療体制について、国は上記のように規定しており、これまで以上に重篤・重症な患者さんに特化した医療施設へと変わっていく見通しです。
 当院は高度急性期病院という使命を果たすために、国が描く診療体制に徐々に移行していかざるを得ません。来院される方が戸惑うことのないように、これからも本紙などを通じて診療体制の変更についてわかりやすくご案内していきます。

【The Next Page】

|1|2|3|4|5|6|7|8|