八事日赤を知ろう2.jpg

より身近な、より安全な、病院として。
地域の皆さまと共に歩んでいきます。

131114_future61-inside-illust2.jpg地域交流イベントや
院内設備強化を通し、
皆さまが笑顔で安心して
利用できる病院を
めざしています。

地域交流

最高気温36度の猛暑を吹き飛ばす
楽しさいっぱいの納涼夏祭りを開催。

news61-p5-1.jpg8月7日水18時30分より、当院正面玄関前のロータリーにて納涼夏祭りを開催しました。この納涼祭りは、毎年8月上旬に開催している当院の恒例イベントです。開催日当日は、名古屋市の最高気温が36度を記録するほどの猛烈な暑さに見舞われましたが、入院患者さんやそのご家族、地域の皆さまなど、たくさんの方々にご来場いただき、大盛況となりました。
会場にはやぐらを取り囲むように盆踊りの輪ができあがり、大人から子どもまで、みんなが一緒になって踊りを楽しみました。また、場内には、かき氷、焼き鳥、いか焼きなど、バラエティーに富んだ食べ物の露店が軒を連ね、できたての一品をおいしそうに頬張る来場者の姿があちらこちらで見られました。さらに遊戯の露店では、ボールすくいや輪投げ、射的ゲームに熱中する子どもたちの姿も。日本の夏の風物詩を病院の敷地内に再現した納涼夏祭り。厳しい暑さを忘れるような楽しいひとときを、誰もがたっぷりと満喫していました。

院内整備

災害拠点病院としての機能強化のため、
第一駐車場にて燃料備蓄タンクの拡張工事を行っています。

MAP.jpg当院では現在、燃料備蓄タンクの拡張工事を行っており、それに伴い第一駐車場の一部が使用できなくなっています。この工事により、非常用発電機の燃料として使用される重油を、3日間分とされる約10万リットル備蓄できるようになります。災害拠点病院である当院では、ライフラインが寸断されるなどの状況にあっても、最善の医療を提供する使命があり、その機能強化のための工事です。ご来院される方々には、ご不便、ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解ください。尚、工期は平成26年3月31日までを予定していますが、燃料タンク自体は駐車場緑地帯の地下に収納されるため、第一駐車場は平成26年2月から全面使用可能となります。地域の皆さま、ひいては名古屋市の皆さまの安全を守るため、今後もそのための備えを充実させていくことに力を注いでいきます。

患者サービス

第16回ハートフルコンサートを開催。
心を優しく包む心地よいハーモニーが響きわたりました。

10月21日月、当院の研修ホールにて「第16回ハートフルコンサート」が開催されました。名古屋フィルハーモニー交響楽団員の弦楽五重奏により、アイネ・クライネ・ナハトムジーク〜第1楽章やハンガリー舞曲第5番などの名曲が演奏され、会場を優しい音色で包みました。会場にはコンサートを心待ちにしていた方々が多数ご来場。心に響く美しいハーモニーを楽しんでいただきました。

【The Next Page】

|1|2|3|4|5|6|7|8|