八事日赤を知ろう2.jpg

「地域のために何ができるか」。
いつも考え、行動し続けています。

news50-p5-ill.jpg地域の皆さまの笑顔が、私たちの一番の喜びです。

患者サービス

生演奏あり、トークショーあり。
院内に笑顔があふれたクリスマスコンサート。

news50-p5.jpg当院では、「病院内でも、クリスマスの雰囲気を味わっていただきたい」との思いから、毎年クリスマスコンサートを開催しています。21回目となる今回は平成22年12月21日に行われました。当院の医師や職員による弦楽器演奏からスタートし、名古屋音楽大学講師の藤本真実氏のピアノと、林良一氏のチェロによる演奏でクリスマスムードは一層盛り上がりました。コンサートの後は、今年リーグ優勝を果たしたドラゴンズ選手5名のトークショー。参加者からの激励や質問に答える選手の姿に、会場は和気あいあいとした雰囲気に包まれました。最後に、小児病棟に入院中の子どもたちから選手へ花束が贈呈され、選手たちからはサイン色紙とお菓子をプレゼント。限られた時間ではありましたが、心温まるすてきなクリスマスになりました。

今回で10回目を数えるハートフルコンサートで
秋の夜長を楽しみました。

news50-p5-4.jpg一流の演奏を病院で聴くことができると好評のハートフルコンサート。平成22年11月29日に開催され、今回はテノール歌手の志田雄啓さんと名古屋フィルハーモニー交響楽団の弦楽五重奏が登場し、オペラやクラシックの名曲を披露しました。

災害救護

東海地震を想定した
大規模な災害訓練を実施しました。

news50-p5-2.jpg
news50-p5-3.jpg平成22年10月20日、名古屋市医師会昭和区支部と昭和消防署、昭和警察署との合同で大規模な災害訓練が行われました。当日は13時15分頃に東海地震発生という想定で訓練がスタート。看護学校の学生さんやボランティアの方々が扮する被災者が次々と搬送され、本番さながらの緊張感のなかで実践的な訓練が行われました。ボランティアさんの迫真の演技に、通りかかった患者さんやお見舞いの方が足を止めて訓練の様子を見入っていました。この訓練は、9月に行われたエマルゴ・トレーニング・システムを用いた訓練(人形を使った机上シミュレーション)の後に行われており、終了後の反省会で石川院長は「エマルゴ訓練の成果が表れ、とてもスムーズに行動できたと思います」と今回の訓練を評価しました。

地域連携

地域の歯科医師との合同カンファレンスで、
歯周炎と糖尿病に関する勉強会を開催。

news50-p53.jpg
名古屋第二赤十字病院歯科病診連携システム運営協議会主催の合同カンファレンスが平成22年12月2日に開催されました。「歯周病と糖尿病」のカンファレンスや県・市歯科医師会が進める平成22年度生活習慣病対策機能推進事業による病院と登録医の先生方との連携運用について報告され、平成23年1月より新たに歯周病の相互情報交換の運用を開始することとなりました。

【The Next Page】

|1|2|3|4|5|6|7|8|