Future8510 Vol.52
そのときに、備える。

2011年7月29日発行 八事日赤ニュース 52号

0726future52-outside.jpg

万一、災害が発生した場合、
災害拠点病院としての使命を果たすために。

news52-p3-1.jpg災害時に24時間体制で救急医療を担う、災害拠点病院。
名古屋第二赤十字病院はその一つとして、東日本大震災の被災者救援に取り組むとともに、県内や近県で大災害が発生した場合に備え、防災対策や訓練に力を注いでいる。

詳しくはこちら

院長メッセージ.png当院は赤十字病院、災害拠点病院、救命救急センター、地域の基幹病院として、大規模災害時には地域住民の皆さんの命を守るために、ハードとしての施設・設備の充実に加え、ソフト面での災害訓練実施など万全の体制をとって、この地域の最後の砦として地域住民の皆さんの期待に添えるように頑張っています。

【The Next Page】

|1|2|3|4|5|6|7|8|